お墓に関するあれこれ

改葬について

ご自宅をリフォームすることを「改装」と言いますが、お墓にも「改葬」というものがあります。しかしこれは、「改装」のように「リフォーム」の意味合いとはまったく違うもので、お墓を新たに建て直すということではありません。そうではなく、「お墓を別の場所に建てて、ご遺骨をそちらに移す」という意味でつかわれるのが「改葬」になります。ですからこれは、「リフォーム」ではなく、完全に「お墓のお引っ越し」という意味合いで使われることになります。

 

 私たちの住宅を移設する、すなわち「引っ越し」をする際にもいろいろと考えなければならないこと、しなければならないことがありますが、お墓のお引っ越しである「改葬」の際も、それは同じことです。改葬が行われるのには、さまざまな理由がありますが、基本的にはお墓の老朽化というのはよほどのことがない限り考える必要はありませんが、それ以外の理由で改葬が必要になり、やむを得ず改葬するというケースが圧倒的に多いことになります。

 

 たとえば、お墓が田舎にあり、そちらのご家族がみな死んでしまったから近いところにお墓を移したいというケースがその典型になりますし、また、ひとりっ子同士の結婚の場合には、奥さんの実家のほうにお墓を建てたいと考えて改葬するケースも少なくありません。
 いずれにしても、ご自身もしくは奥様の実家、あるいは自宅の近くにお墓を移したいという理由で改葬が行われることが圧倒的に多いです。
 では、次のところでは、改葬の手順に関して説明していくことにします。

改葬の手順

では、ここからは改葬の手順について説明していきますが、改葬に際して必要な書類などもありますので、よく手順を理解しておいてください。
 まずは、改葬先の霊園や墓地を決定します。そして、そこで「受け入れ証明書」を発行してもらうところからスタートします。

 

 次に、現在埋葬されている墓地の管理者に、「埋蔵(埋葬)証明書」を発行してもらいます。そして、現在埋葬されている墓地の市区町村の役場に出向き、今度は「改葬許可申請書」をもらい、署名・捺印します。そして、引き続き役場で、先に発行してもらってある「埋蔵(埋葬)証明書」と「改葬許可申請書(ただし、署名・捺印のあるもの)」を提出し、そこで受理されれば、今度は「改葬許可証」を発行してもらうことができます。なお、ここでの申請書や許可証は、「お墓ひとつ」が単位ではなく、「ご遺骨一体」が単位になっていますので、その部分に関しては注意が必要になります。また、場合によっては改葬先の墓地・霊園の「永代使用許可証」あるいは「受け入れ証明書」などの提出が必要になる場合もあります。

 

 次に、現在埋葬されている墓地の管理者に、発行してもらった「改葬許可証」を提出し、ご遺骨を取り出す許可を取り付けます。ご遺骨を取り出す際には各種供養・法要が行われるのが一般的です。そして、ご遺骨が取りだされた墓地を更地に戻します。
 最後に、改葬先の墓地管理者に「改葬許可証」を提出し、ご遺骨を納骨・埋葬します。
 自治体や墓地・霊園によっては多少手順が異なるケースも当然あることはご理解ください。

お勧めサイト

なぜ「英語」が国際共通語に?
http://hawaideeigo.com/

 

各国の英語事情についてまとめてあるサイトです。

 

 

アイリストの実態について
http://www.baseballcapsoutlet.com/

 

最近人気の職業になっているアイリストとはどういったものなのか
このサイトを見ればアイリストについて詳しくなれます!